ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2022年2月27日

ここまで情報流せなかったの初かも。
ダラダラとココ最近のニュース流していきますね。
ピロンピロンなり続けるかも。
いつもは大体2週間前のも混じってくるので、情報は最新ではにことに留意してください。

 

▼コロナの水際対策、日本も見直しへ 岸田首相「緩和の方向で検討」

digital.asahi.com

岸田さん、ずっと先手先手をアピールしてて、確かに最初の方は先手打ててたこともあったんだけど「下手うちたくない」って思いが強すぎるのかだんだん後手後手というか、「なんのためにこれをするの?」とか「今はどういうフェーズだと捉えてるの?」と感じる対策が多くなってきました。
これもその1つ。確かに留学生や海外の労働者が日本に来れなくて困ってるんだけどざっくり全体的に緩和しちゃおうみたいな感じがあって、入国後の隔離措置をしっかりするとかやりようあるくない?って思うんですよね。
この後に書くウクライナ危機の時の思いましたがいろんな物事に対して非常に危機感の低い人だなという感じがしています。

 

 

▼「困るんだよ」安倍氏の制止振り切り分裂 因縁の抗争に森元首相の影

digital.asahi.com

石川県知事選はおもしろい選挙になるみたいです。
要注目。

 

 

▼昨年GDP、1.7%増どまり 欧米に比べ回復遅れ 10~12月期、年5.4%増

digital.asahi.com

コロナ前でも消費が活況だったとは言えないのでもとに戻ったとしてもそんなもんだろうなとは思います。
企業としてもどうしても伸びていくイメージがわかないから人材や設備に投資しようとはならないんですよね。
結果どうなるかというと万が一に備えて内部留保をためておこうとなる。
その繰り返しです。
そもそもの経済政策を見直すしかないんじゃないかなーと個人的には思っています。
そんな詳しいわけではないんだけれど。

 

 

▼男女平等の国・フィンランドでなぜ出生率が下がったのか

mainichi.jp

>一般に先進国では男女格差が縮まるほど出生率が上がると言われてきた。
って冒頭なんだけど、所得が上がると出生率下がるんじゃなかったっけ?って思って調べたら、先進国の場合所得が伸びたら出生率が上がるとは言えなくもないって感じでした。
参考資料置いときます。

honkawa2.sakura.ne.jp

ただ、個々人の自由を追い求めた場合「子どもを持たない」は十分選択肢に入るなと思うので出生率は下がるだろうなと感じています。
ちなみに日本の場合は単純に婚姻数が減ってるのが少子化の(割と大きい)要因の1つだって国会の質疑で聞いた気がします。
お金なくて、仕事が不安定でなかなか結婚に踏み出せない、そこまで至れないってケースが多いのかもしれません。

 

 

▼第6波も自宅療養中の死亡相次ぐ 目立つ高齢者、とにかく早い受診を

mainichi.jp

この前れんちゃん(立憲民主党蓮舫議員)の質疑を聞いてたら、救急搬送のできなさ具合は前回デルタ株の4倍だそうでオミクロン株の影響の大きさが伺えます。
搬送されずに、”重症”とは認められずになくなるケースも多いらしくほんとに変異株ごとで対応が異なってくるんだなと痛感しています。

 

 

▼年4回の決算発表、必要? 岸田首相の「見直し」への賛否

mainichi.jp

現在、四半期ごとに決算を出せと言われてるんだけどこれ義務付けてるのアメリカと日本くらいらしく、欧州も導入した次期はあったけど見直して半期ごとに変えたそうです。
四半期だと3ヶ月に1回決算で、その度に株価に影響を与えるからどうしても短期的な目標になるよね。
というのがこの記事の主旨。
3ヶ月でできることって限られてるし私は見直し賛成派なんだけど、反対派の人は「欧州も見直しになったがいまだに四半期決算を続けてる所は多い。その方が信用度が増して投資家からの資金が集まりやすいからだ」だそうなんですがあなたはどう思いますか?

 

 

ガラケーは永遠に不滅? 「スマホ全盛」でも販売急増の理由は…

mainichi.jp

確かにガラケー使いやすいもんね。
打ち間違いないからメールとか超ラクだったし。
いまだに10台に1台がガラケーだそうで。
3Gがなくなったらパカパカケータイでもガラケーではなくガラホと呼ばれるそうなんですがシェア10%って割とでかいからどことも取りに行きそうだよねって気はする。

 

 

▼原因不明で長引くのは「第3の痛み」 脳回路が影響? 治療法に期待

mainichi.jp

これすごいおもしろいなと思ったし希望になる人多いんじゃないかな。
気になる一文はここ。

>「自覚がないのに、『心の問題だ』と言われたくない痛覚変調性疼痛の患者の気持ちは分かる。ただ、うつ病患者の6割が腰痛や頭痛といった慢性的な痛みを抱えている。不眠や『死にたい』と思う希死念慮など、明確な精神症状がないうつ病患者も多い」

難しいとこだよなーと思う。
精神科医との連携が重要になってくるんですかね。
ひとまず分類されたということが大きな一歩だと思います。

 

 

《速報》
▼決済網排除を支持と岸田首相

nordot.app

欧米が決定した後も及び腰だったけど決めたっぽい。
きっしーにしては踏み込んだなという印象。
日本としたら北方領土の問題もあるし、安倍さんがプーチン大統領との個人的な親密さを”演出”してたから踏み出しにくいところあったと思うんだけどよく踏み込んだなと。

 

 

▼保健所パンク状態…大阪市長陳謝の不手際も「いっぱい、いっぱい」

mainichi.jp

大阪府市の行政能力の低さは今に始まったことじゃないけどほんとに命に直結するなと感じてます。
保健所含め公務員を減らしまくった結果が今なわけで。
連日数十人の死者を記録してた大阪の速報を見る度に胸が痛んでいました。

 

 

▼国民民主が異例の予算案賛成 維新あきれ顔、自民えびす顔 立憲は…

mainichi.jp

まーーーーーーーーびっくりした。
国民民主党の支持者さんいらっしゃったらほんとに申し訳ないんだけど、何考えてるんだろうと思った。
個別の法案ならわかるんですけど、予算案って包括的だからそれに賛成するってことは基本的に政府のやることにはなんの瑕疵もありませんよ。私たちはなんの問題も認めませんよ。ってことになるんですよね。
この後(ってか今)参議院での質疑なわけですが、国民民主党の議員さん達、野党(政府を監視する立場)としてどんな議論をされるんだろうととても不憫に思っています。
しかもこのきっかけとなった「トリガー条項」も、見直しが決定したわけではなく「検討する」の段階なので、現時点で何も得てないんですよね。
たまちゃん(国民民主党代表の玉木議員)の質疑好きだけど、ちょっと勇み足というかどう立ち振る舞っていいかわからなくなってるんじゃないかなって気がしてくる。

 

 

▼7月の日銀審議委員人事は「ポスト黒田」の前哨戦?

mainichi.jp

ちょっと黒田日銀総裁下での金融政策には辟易してるんですよね。
次期総裁は黒田さんとは違う考えを持たれた方がいいなーと思っているので非常に注目です。
今年の7月23日だそうで。要チェック。

 

 

▼早期承認「適用できるのか」 塩野義飲み薬申請“苦肉の策”

mainichi.jp

塩野義も経口治療薬完成間近かみたいな話になったんですけど(ちなみにその後マーケットの反応見てたけど落ち着いてた)、どうやら治験の結果的には効果性に確証をもてるものではないらしく厚労省がこれを通すかは微妙かもと思ってます。
確かに国内企業が経口治療薬を作れれば大きいんだけどあくまでも”効く”ことが前提なわけで、そこがなければ薬にはなり得ません。
塩野義の社長だったかな?と元自民党幹事長の甘利さんが会ったって記事もあったしちょっと政治性もあるんですよね。
どうなるのか見守りたいと思います。

 

 

ウクライナ情勢で各国踏み切った制裁 今後に含み持たせるプーチン

mainichi.jp

さて本日最後です。
ウクライナ関連のニュース。
ねっと論客の中にはロシアにも正当性があるような書きぶりしてる人もいますが一切ありません。
こんな明白な侵略戦争ないですよ。国際社会としては明確にNOを突きつけないといけないシチュエーションです。
速報的に書きましたが、まさか2022年にこんな戦争の始まり方があるとは思いませんでした。
残念でなりません。

 

 

そういえばきっしーの危機感の欠如について書くの忘れてた。
ロシアがウクライナに侵攻したのが日本時間の12時ごろだったと思うんですよね。
その頃参議院で予算委してて、お昼休憩中だったんですが午後の審議も普通に始めたんですよ。
たぶん与野党の理事間で一旦休憩にする?みたいな話あったと思うんですが午後そのまま始まったんですよね。
で、蓮舫さんの質疑の時に蓮舫さんから「国家安全保障会議ひらいたらどうですか?」って促されてようやく休憩になったんです。
政府から議会にお願いしてもいいくらいの自体なのに。
その動きを見てても危機感薄いなって感じるんですよね。