ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2022年1月22日

《本日の音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

連日、新規感染者数が過去最高を更新してます。
弱毒だとは言われつつ比較対象がデルタなのと着々と病床が埋まっているので皆さんマジで気をつけてください。
あと、東京にお住まいの方が気をつけてほしいのは、都の重症の基準は集中治療室orECMO装着の状態なので生死の境目です。
重症の基準一律にしてほしいんですけどね。
予防万全でお過ごしください。

 

河井案里氏を救急搬送、命に別条なし

nordot.app

最初に悲しいニュースをば。
色々無視して強引に擁立したことの歪が人の命に関わる事態になっていてほんと悲しくなります。
無事でほんとに良かった。
資金源はどこだったのかは明らかにはなってないけど、党本部の意向で擁立が決定したってこと、また溝手議員の10倍のお金が流れていたことを考えると党本部の道義的責任はあるんじゃないかなと個人的には思っています。
党内でもきちんと話し合ってほしい。

 

 

▼「第2のウィシュマさんに…」ネパール男性、入管でほぼ寝たきりに

mainichi.jp

施政方針演説は全部と代表質問をちょこちょこ聞いてるんですが、きっしー「人権」をよく持ち出すんですよね。
対中国の意識があるんだと思いますし、それも重要なんですが同じくらい日本国内の人権問題にも目を向けてもらいたいんですよね。
言い続けている技能実習生の問題然り、そしてこの入管の問題然り。
あまりにひどい現状で絶句してしまいます。

 

 

▼ひとり親の子どもに10万円届かない現状 「制度的な対応は難しい」と岸田文雄首相

www.tokyo-np.co.jp

代表質問で立憲民主党の泉さんかな?が聞いてたと思うんですが、今回の10万円給付では昨年9月意向に離婚したひとり親に届かないケースがあるということでそれにどう対処するのか?と聞いたら「それはもう仕方ない」とおっしゃってですね、これまた絶句したんですよね。
それこそ政治的課題でしょうにと。
制度の間にいる人達をいかに救済するかが政治でしょうにと。
早く進めなければいけないというのは分かるけれども「話を聞く」を旗印にしているにしては冷たいなという印象を受けました。
こういう人たちこそ必要だろうにと思うんですけども。

 

 

▼「対決法案」提出見送りを野党批判 首相の“守りの姿勢”火種に

mainichi.jp

で、今国会の方針として完全に守りに入りますよという感じらしいです。
それはそれでアリだとは思うんですが絶対必要でしょってのがちょこちょこある気がしていて、特に感染症法改正案は話し合っておくべき内容だと思うんです。
行政の権限が肥大化する可能性はあるけどそこのバランスどうする?とか、現状「お願い」ベースになってる休業要請どうする?とかほんと課題山積だと思うんですね。
それをやらないっていうのはほんとどこ向いて政治してんだろうという気になってきます。
選挙のことを考えれば無難に行うがよろしなんでしょうがそこだけじゃなくてきちんと課題にも向き合ってほしいなと。思っています。

 

 

▼続く「悪い物価上昇」、家計に打撃確実 資源高の吸収、企業限界

mainichi.jp

物価はひっそりと上昇してるんですがそこに賃金がついてきてないんですよね。
だから家計が苦しくなりますし、これまでも原料が値上がりしてたんですが企業努力でなんとか抑え込んできてたんですよね。
それももう限界に差し掛かってて、値上げラッシュが起こってます。
これに為替の話も絡んでくるんですがめちゃくちゃ分かりやすく(ハードルをあげていく)音声で解説しようと思います。
たぶん。

 

物価上昇とか為替とかの話はこのアタリが参考になるかも。

www.hoboyoko.xyz

www.hoboyoko.xyz

 

 

LNG「爆買い」中国、日本超え輸入量世界トップ 争奪戦の影響は

mainichi.jp

私はエネルギーと食を重ね合わせずにはいられないんですが、いつか食も買い負けるタイミングがくるというのは長らく言われてきたことで、先にエネルギーがやってきたなという感じがしています。
日本も旧来のエネルギーにこだわってますが、それは企業の論理が働いてるんでしょうけどそのままだと「いつまで原料仕入れられる?」って状況になりそうで怖いなと。
ハードはあるけどそれを動かせないって状況になりかねません。
エネルギー自給率を少しでも高めておくという観点からもクリーンエネルギーへの投資ってのは必須なんじゃないかと思うんですよね。

 

 

鳥取市議会、本会議を字幕生中継へ 聴覚障害者向けに2月試行

mainichi.jp

さて本日最後です。
素晴らしい。ステキ。