ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年9月20日

《本日の音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

こんにちはー。
今日めっちゃいい天気ですね。
迷わずお布団干しましたよ。
明日から1ヶ月ほどまとめて流せないかもなので今日流しておきます。
もしかしたら気になるニュースあったら息抜き的にパラパラ流すかもです。
今日は食関係の話題が多め。最後に3ついきます。

 

▼平井デジタル相が出席の会議、音声データ保存せず 私文書扱いに

mainichi.jp

「デジタル庁」(デーン!)みたいに華々しく外側作っても結局運用する人が変わらなければ変わんないよねというお話。
平井さんは、オリパラのアプリだったかな?の時に「徹底的に干す」って言ってた音声データが残ってて顰蹙買った人。
今回残してなくてあえて消したのも後から調べられないようにってことだと思います。
音声データや動画も意思決定の過程が分かるものは「公文書」の扱いになり保管しておかないといけないんだけど公文書にはあたらないって言い訳して消してるんですよね。
ほんと公的書類の扱いが軽くなったなって気がします。
ちなみに平井さん、衆議院の選挙区が香川1区で立憲民主党小川淳也さん(たぶん知ってる人は知ってる)とぶつかるんですよね。
前回選挙もギリギリだったので下手したら現役大臣が小選挙区で負けるってこともありえるかもしれません。
そういう意味でも要注目。

 

▼相次ぐ「ブレークスルー感染」 専門家が語るリアルなワクチン効果

mainichi.jp

これほぼヨコではずーーーっと言い続けてるから聡明なるほぼヨコ読者諸氏に置かれては既知のことかと存じますが、元々ワクチンの効果として「感染予防」はあまり期待されてなかったんですよね。
国会でも「感染予防の効果はあるんですか?」→「ありません(ざっくり)」って質疑があったので接種したところで感染する可能性はありますよっていう話なんですね。
ただ、重症化は防げますよっていう話で。
だからワクチンうとうねって話なんですよね。
ワクチンうっても引き込もれる人は引きこもりましょう。

 

▼3回目接種の有効性や対象は? 年内目指す日本、判断割れる各国

mainichi.jp

ブースター接種に関しては前も書いた気がするけど一応再掲。
WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長が、「ワクチンは先進国でのブースター接種の前にまだ接種できていない国に配分すべき(大意)」って言ってるんだけど私もその主張に賛成で、理由としては未接種国でワクチンに影響与える変異株出てきたら元も子もないやん?って思ってるから。
日本は先進諸国に習って3回目接種に向けて動き出すようなんやけどほんとにそれでいいのかなとは思っています。

 

▼大津女児暴行死 兄を逆送せず少年院送致 母の育児放棄を考慮

mainichi.jp

これすごくいたましい事件だなと思っていたので刑事処分ではなく保護処分になったのはとても救われるなと感じています。
話の趣旨がこのニュースからそれるんですが、望まない妊娠で出産した子どもを殺めた女性も同じような扱いにできないのかなって思うんですよね。
最後まで追ってないから現状をきちんと把握できていないとは思うんだけど、ニュースを見てると起訴されてるケースが多いように感じられるんですよね。
しかもそもそも子どもは1人ではできないわけで(単為生殖できるわけじゃあるまいし)女性側だけに責任を負わせるのはあまりにも理不尽じゃないかなと常日頃から思っています。
専門家じゃないので「ほなどう対処するの?」の部分はわからないわけですがいち意見として。

 

▼洋上風力発電はクリーンか 国内初の工事現場、海中に響く音を調べた

digital.asahi.com

いわゆるクリーンエネルギーを推進するにあたってめちゃくちゃ重要な視点だなと思いました。
で、驚いたのが欧州では過去事例からある程度工事の手法というかその前の手続きが確立されてるっぽいんですよね。
この辺はさすがだなと。
一方で日本はこういう環境評価の部分ってまだまだゆるいし重要視されてないなと思うんですよね。
先進国社会で渡り合っていくには無視できない分野であるのは間違いないので意識高めていってもらいたいなと思ってます。

 

最後の食関連、3つじゃなくて4つでした。
書いたら膨大な量になりそうなので4つとも音声で補足します。

▼ぐんぐん成長する魚が食卓変える? ゲノム編集で広がる品種改良

digital.asahi.com

 

温室効果のメタン 2030年までに少なくとも30%削減 米大統領

www3.nhk.or.jp

 

▼「植物工場」が急拡大 LEDなど技術向上 気候変動対策の切り札も

digital.asahi.com

 

▼日本ワイン 直面する課題 ブドウ畑で進む挑戦

www3.nhk.or.jp