ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年9月17日

《本日の音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

なぜかaikoのボーイフレンドがずっと脳内再生されてる横山です。
先日まで宮古島にいまして、台風直撃しまして、1日延泊になって、ようやく戻ってきたんですがその台風がまた関東にやってくるみたいですね。
ということでここ数日のニュースです。
音声は中国の不動産バブルの話をあまり分かってませんがリーマンとの比較で話してみようかと思います。

 

▼中国がTPP加盟を正式に申請 関係者「交渉の道のりまだ遠い」

digital.asahi.com

ということで中国の話題から。
TPPへの参加表明しました。
現状のTPPの交渉スタイルがわからないんですが、締結時は1対1で条件詰めていくみたいな形だったんですよね。
それと同じ流れなのだとしたらヘッドラインにもある通り「交渉の道のりはまだ遠い」と思います。

 

▼中国の不動産熱狂に異変、大手が経営危機 広がる動揺、習氏どう動く

digital.asahi.com

今日は1個だけ。
アメリカのマーケットにも微妙に影響を与えているニュースです。
中国は不動産熱が高まってて、バブル的な感じあるなーと思ってたんですよね。
完全に後出しジャンケン的な情報の出し方なんですけど。
で、今回ニュースにあがっている会社は不動産価格の上昇を信じて投資をしてきたわけなんですよね。
それが鈍化したタイミングで影響出てきたよね。
というのがこのニュース。
記事内にも「リーマン・ショックとは相当違う」って買いてて、それはその通りなんですが不動産バブルは毎回同じ結果をもたらすなーと興味深く見ています。
リーマンも発生当時はどういうことかわかってなかったんですが、色々知っていいく上でようやくなるほどそういうことかってことがわかってきたのでまた機会があれば説明したいと思います。

 

タリバン暫定政権との距離、関係各国が腐心 カブール制圧1カ月

mainichi.jp

これまた中国とあとはロシアがキーになってくるわけなんですが、アフガニスタンというかタリバン政権とどう関わっていくかは難しいとこですよね。
中国は国境を接してるしロシアも中央アジアへの影響がきになるしということでどうしたもんかって感じなんだと思います。
いわゆる西側諸国はある程度の”人権”が確保されるかという視点で見ればいいだけ(だけってこともないけども)なので中国ロシアに比べれば対応は楽なんだろうなという気がします。
ちょっと厄介な問題になりそうです。

 

▼菅氏、サプライズ放ったエネ政策 安倍政権から転換も道筋描けず

mainichi.jp

さて国内の話。
今総裁選やってるわけですけどどうしても「原発をどうするか」は主題にあがるんですよね。
自民党はこれまで強固な原発推進派で立地自治体の地盤もあるし軽々には「原発やめます」とは言えない状況。
菅さんはその部分割と突っ込んで(ここは小泉進次郎環境相も尽力したって話)再生可能エネルギーに大きく舵をきったわけなんだけれども、そこでも「原発どうするか」は話題にあがるわけなんですよね。
昔は夢のエネルギーとしてちやほやされていましたが、核のゴミの問題が結局解決できずいまや政策的にも足を引っ張るものになってしまいました。
色んな人の色んな思惑はあるでしょうがこれまでエネルギー政策としての原子力はイケイケドンドンの拡大路線だったわけですが、ここから先はいかに”たたむ”かを考えていかないといけないんだろうなと思っています。

 

▼今の自民党は、まるで昔の民主党
衆院選の「顔」求め右往左往

nordot.app

総裁選で自民党が浮足立ってるのは当選回数が少ない若手が今回の衆議院選で苦戦を強いられることになるため「勝てる」総裁を選びたいから。ということなんですが、それがかつての民主党と似ているよね。という記事です。
民主党政権時は今ほどの解像度を持って政治を見れていなかったのでなるほどなー。という感想だったので皆様に共有。
最後まで無料で読めます。

 

▼小6の17人に1人がヤングケアラーの可能性 山梨県調査

mainichi.jp

衝撃的な数字。6.1%らしいんですが、40人学級だったら2人以上はヤングケアラーがいるってことになります。
ちなみにほぼヨコでのヤングケアラー初出は2020年10月6日。
ちょうど1年前なんですが、この1年ですごく認知されるようになったし実態調査も進んでるなって印象。
物事は動くんだなぁとしみじみと感じてます。
最初に取り上げたのも毎日新聞だったはず。

 

▼小鳥の鳴き声は言語だった 文法まで突き止めた日本人研究者

digital.asahi.com

さて本日最後です。
めっちゃおもしろかった。
鳥もかなり高度なコミュニケーションを取ってるらしいのと、別の種類の鳥であっても言語を理解しているらしいということでめっちゃステキやなと思ったというお話でした。