ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年8月31日

《本日の音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

今日は夕方から雨予報なんですが降るんでしょうか。
明後日が2回目のワクチン接種日なので数日寝込む覚悟をしている横山です。
ということでここ数日のニュースを流していきます。
最近ほんとニュース多い。
あれもこれも出したいんだけど絞ってお届けします。
書ききれない分は音声で。

 

▼米、ISに報復攻撃 無人機で「標的殺害」 アフガン

digital.asahi.com

カブールの空港で爆発があったそうですがISの攻撃だそうです。
タリバンとISは敵対状態で、この混乱に乗じてテロが起こるのではないかとは言われ続けていました。
それに対しアメリカは報復し「成功」したと言っていますが実際には市民が亡くなっているとの情報もあります。
あとタリバンが主権侵害だって言ってるんですがそれはその通りなんですよね。
これ流したかどうか忘れましたが、このタイミングで自衛隊邦人救出のためにアフガン入しましたが、対象者が空港にたどり着けなかったということで断念しました。
この辺の話色々書きたいことはあるんだけどもとりあえずアウトラインだけ。

 

▼「映画のワンシーンではない」 漂う命に私は目を疑った

digital.asahi.com

有料記事ですが良い内容でした。
少し前までは内戦が続くシリアからの難民、最近はアフガンからの難民が多いようです。
ギリシャ側が追い返そうとしているという内容。
確かにギリシャもトルコも「押し付けられている」と感じるのかもしれないけれどあまりに対応ひどすぎませんかと思います。
入管であれだけひどい対応している国の人が言える話ではないかもしれないけれど、あまりに命が軽んじられているなと思わされます。
いい記事(2回目)。

 

▼小さく砕き強毒性ボンドで固定― サンゴ破壊

www.jcp.or.jp

ちょっと衝撃でした。
まさかこんな杜撰な対応しているとは思いもしませんでした。
サンゴって一度破壊されると回復するまでにかなりの年月を要するんですよね。
そんなこと知ったこっちゃないというより、さらにひどくしてやろうという悪意すら感じる内容でまさに怒りに震える内容でした。
正座させて小1時間問い詰めたいですよ。ほんと。
何考えてんねんろう。
遺骨が混じった土砂を使用している問題と通底するものがあるなと感じます。

 

▼コロナ破綻、2000社に迫る 東日本大震災関連10年分に匹敵

digital.asahi.com

コロナ関連。
改めて突きつけられるとすごい数字だなって感じます。
東日本大震災の時は広範囲に渡ったとはいえ局地的なものでしたが今回は全国的さらには世界的なものなので影響する範囲が桁違いだなと。

 

▼勇気ある怒りの校長「僕は大阪市長よりも自分に怒った」

digital.asahi.com

コロナ禍で行政の対応力が問われてるわけですが、実務がしっかりできる首長のところは問題がありながらもなんとか現場と連携してまわしており力量の差が顕著に出ているなと感じています。
で、私基本スタンス維新には批判的なわけなんですが、それを差し引いてもこの苦言を呈した校長に訓告はあり得ないなと思うんですよね。
そうなったら現場レベルから意見が上がってこなくなるじゃないですか。

 

▼首相、コロナ「明るい材料」に前のめり 苦戦に焦りか 楽観に批判

mainichi.jp

ただそれ菅さんも一緒で、基本的に自分にとって都合のいい情報しか取り入れないんですよね。
だから官僚も都合のいい情報しか持ってこなくなる→現状がわからなくなる→打ち手を間違える→悪くなる…
の悪循環に陥ってるわけなんですけどもそんなことを繰り返してたら当然支持率は下がるわけで今さら焦ったところで根本的なところに問題があるため小手先だけではどうしようもないんですよね。

 

▼新型コロナ 「おそらく根絶可能」との論文

mainichi.jp

と、ネガティブな話を書き連ねてきましたが、COVID-19は「おそらく根絶可能」だそうです。
明るいニュース。

 

▼日本酒、進化していたのに 「夏子の酒」漫画家が描く罪

digital.asahi.com

さて本日最後。
完全に個人的な思い入れで書くんですが、今の純米至上主義にはすごく違和感あるんですよね。
確かに水増しするためのアルコール添加はありましたが、今アル添してる蔵って基本的に「味を改良」するためのアル添なんですよね。
水質的にどうしても重くなってしまうお酒があるわけでそれをスッキリさせるためのアル添は批判されるべきじゃないと思うし、そもそも全量純米酒である必要はまったくないと思います。
確かに「戦争」がなければもう一世代早く純米ブームが来てさらなる味の発展があったかもと思うとそれは罪深いことだなと思っています。
というあたりで本日は終わります。