ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年6月13日、16日

《本日の音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 ーーー13日ーーー

▼中国に対抗、数十兆円投資 G7合意、中低所得国インフラ

digital.asahi.com

まずG7の記事。
メイントピックは「中国をどうするか」になってます。
そこまで影響力を持つ国になったということ。
中国の影響力は何かというと人口と経済を背景にした”購買力”なわけです。
ただ、一人っ子政策を敷いてきた中国では人口減少が懸念されていてつい最近も「3人までOK」ってしたんだけど社会状況的にそんなに子ども持てませんって国民から反発受けてるのよね。
現状強気の交渉を仕掛けてるし政治体制も安泰に見えるんだけど一歩間違ったらぐらつくのもあの大国の特徴なんですよね。
話をG7に戻すと、中国への態度は国によって変わってきそう。
G7で足並みをそろえてってことにはならないと思います。
首脳間のメイントピックは経済と気候だと思うんだけど、経済面と気候面で各国の対応が変わってきそうです。
これまた”気候”というのがすごく大きな外交的論点になったことの証左。
まだあと細かく言及したいところはあるんだけれど色んなことをあぶり出して見せてくれるG7の会合になったなーって気がしてます。

 

▼GAFA標的、規制法案 企業分割も視野 米下院議員ら提出

digital.asahi.com

通るかどうかはわかりませんがこの間一貫してGAFA規制に取り組んできてるのがアメリカなわけでこのまんま通るかは別として規制は入るんだろうなと思います。
強制的に分社化させるとか。
ものすごい資金力を背景にして市場独占を目指してきたわけですけどそこに一定の歯止めがかかるとなればまた新しいサービスとかも出てきやすいですよね。
一方でプラットフォームの安定感に依存していた事業者も間違いなくいるわけでその人達の分野でもシャッフルは起きそう。
このアメリカの規制は仮に通るとなればいろんな方面に影響を与えることになりそうです。

 

▼インド変異株、拡大ペース加速 各地で感染、クラスターも―7月中旬に主流化か

www.jiji.com

本日最後。
いわゆるいんど変異株=デルタ株は感染力が従来株の2倍だというデータが出てきました。
ってこれ前も言ったっけ??
何が問題かって言うと、デルタ株に置き換わりつつあるんですよね。
市中感染も確認されていて水際対策は失敗したと言ってもいいかもしれない。
ってこれも言ったかも知れない。ボケてたらごめん。
ここ最近の新規感染者数の推移を見てると下げ止まってる感じがあって、それはイギリス株=アルファ株とデルタ株の影響が大きそうだなって気がしてます。
政府は20日の期限で緊急事態宣言を一旦解除する方向っぽいんですがちょっとイヤな雰囲気。
オリンピックを絡めると少しでも「良い状況になってる」ってことを示さないと何でしょうし実際に緊急事態宣言前に比べたら改善はしてるんですけどこのまま解除ってなったらまたすぐ感染爆発しそうだなって感じがしてます。
みなさま十分お気をつけて。

 

ーーー16日ーーーー

国会が閉会しました。
ほんとに閉じるんだという驚きと昨日は深夜国会で明け方3時ごろまで国会が開いてました。
働き方改革とは🤔
となったんですがなぜか昨日中に全部法案通したがったんですよね。
ほんと謎でござる。
最後まで付き合ったので今日めっちゃ体重い。
歳いっての夜ふかしはこたえますね。
みなさんお気をつけください。
ということでここ数日の話題です。

 

▼G7首脳に「支持」された五輪、残った重い課題 脱炭素は進展乏しく

mainichi.jp

G7に関して、前回は対中国とか経済的な観点から書かれた記事を載っけたんですが今回は環境面の記事。
「脱炭素」で話題にあがるのが石炭火力発電なんですね。
高効率のものでもすっごいCO2出すんだそうです(詳しくは知らない)。
発電方法をどうする?っていうのは脱炭素を行っていく上で超重要らしいんですが必ず石炭火力がやり玉に上がります。
アメリカと日本がいまだに石炭に依存しているのでここを死守したいって思惑と、その他の先進国は石炭火力を廃してしまって一気に脱炭素化進めたいって思惑がぶつかるわけです。
で、今回は互いに間を取って、やや先進国寄りの案に落ち着いたわけなんですけど…

小泉環境相がこのG7の会合を受けてなのか石炭火力の輸出に関する見直しを提言(って程までではないかもだけど)したんですよね。
小泉さんがどの文脈でこの発言をしたのかはわからないんだけども、環境大臣としてその姿勢を打ち出したって感じになるのかなと思います。
この分野、どうしても経産省と利害調整が出てくるし、省としては経産省の方が大きいので環境省は交渉苦しいんですけど頑張ってほしいなと思ってます。

▼石炭火力発電の輸出支援 小泉環境相 見直すべきとの考え示す

www3.nhk.or.jp

 

敦賀原発の審査資料書き換え 規制委の調査で見えてきたのは

mainichi.jp

エネルギー関連の記事続けます。
原発の運営事業者にまた不備というか不正が発覚かもというニュース。
意図的に改竄したんだとしたらかなり深刻。
今回は日本原電という会社なんだけれど、この間東京電力(不正にアクセスできる状態だった)、関西電力(高額での土地の賃貸借契約)と原発事業者の不正がぼろぼろと出てきていて、運営任せられないよねって状況ができつつあるよなって思ってます。
そもそも現在の状況下で原発を動かすっていうのが経営的にもハイリスクになりつつあるなと感じていてそれでも追加で上乗せしたコストを回収したいという思惑から「再稼働」に固執してるわけなんですがそろそろ厳しいなと言う状況。
原発はそもそも電力事業者だけじゃなくて国策として進めてきた部分があるので国としてもきちんと方策示すべきです。

 

▼土地規制法案採決、最後までドタバタ 押し切る与党、野党批判

digital.asahi.com

昨日の深夜国会のそもそもの発端はこれでした。
この件、書き出したらめっちゃ長いので音声でカバーさせてください。
みんなそんな興味ないかもだけど。

 

▼重点措置、「五輪シフト」鮮明 有観客への道筋、透ける政権の思惑

digital.asahi.com

国会が閉じまして、政府はオリンピックモード、野党は総選挙モード、都内は都議選モードです。
謎なのはこの2文。

”「緊急事態宣言並みに強力なまん延防止等重点措置」(官邸幹部)”
→いやそれやったら緊急事態宣言でええやん。

”首相側近は「五輪で観客がいないと、コロナに負けた感じがする」”
→雰囲気で政策決定せんといてーや。

ということで、この状況で国会閉めるのほんと怖いなーって思ってます。

 

菅首相 五輪後の9月解散を検討 ワクチン接種など見極め判断

mainichi.jp

ちなみに解散は9月になりそう。
オリンピックで国民いえーい

総選挙で勝利

総裁選で圧倒的指示の下無投票当選
ってのが菅さんが描く筋書き。
そうなったらいいよねって思うけどCOVID-19のリバウンドがめっちゃ怖い。です。

 

▼変異株でワクチンの効果大幅減の恐れ 国立国際医療研究センター

mainichi.jp

既にその端緒はあって、こういう結果も出てきてるし、日本国内もデルタ株(いわゆるインド株)に置き換わりつつあって新規感染者数が下げ止まり(緊急事態宣言なのに減っていかない)状況になってるんですよね。

 

▼米ノババックスのワクチン、治験で90%超の有効性 変異株にも効果

www.asahi.com

もちろん光明もあって、新しくノババックス社のワクチンがかなり高い有効性を示したということと、これが武田薬品?やったかな?が国内で製造スタートできるかもということでした。
なにより変異株にも高い有効性が示されたというのが明るい話題ですよね。
ということで、今日は明るい話題で締めます。
これが最後の記事です。