ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年4月24日

《本日の音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

おはようございます。
今日の音声は緊急事態宣言の発令についてのつもり。
発令に伴う休業要請等のメニューは最後に流します。
都のものを置いておきますが大阪府も大きく変わらなかったというか流し見の範囲内では違いがわからなかったのですがもしかしたら違うかもしれないのでその際はお気をつけください。
蔓延防止等重点措置も新たに発令される地域、延長される地域があります。
そちらもお気をつけください。
ということでここ2日くらいのヨコヤマの偏見に満ち満ちた珠玉のニュースたちをお届けしていきます。

 

メルケル後、争い本格化 首相候補出そろう 独連邦議会

digital.asahi.com

やっぱりカリスマの後って大変なんやなという思い。
メルケル氏は今季での引退を表明しているんですが、後継をどうするかで揉めてるっぽいです。
調整系のパッとしないおじさんか華々しい感じの方か。
たぶんドイツ情勢全然詳しくないのでこの記事読んだ感想ってことになるのですが調整系パッとしないおじさんの方が混乱はないんだろうなと。
ただ、新味がないので「おもんない」っていうのはあるかもしれないし、この間ちょこちょこ話しに出てきましたが権力の座に長くいることでどうしても腐敗は起こってしまうのでここで入れ替わるっていうのも良いかもしれませんね。
しかし華々しい系の方がトップの座についたら40歳でめちゃくちゃ若返ります。
ドイツでこういう人が候補に、しかも可能性のある候補として出てくるっていうのがほんとにすごいなと思う。

 

▼米中トップ協調、思惑含み バイデン氏、主導権狙う 習氏、米と緊張化回避 気候変動サミット開幕

digital.asahi.com

米国主導の気候変動サミットというのが行われました。
基本線はCO2排出量をどこまで削減するか。って話です。
バッチバチでやり合ってる米中もここは協調路線…とは言いつつ、どちらが主導権を握るかの争いもあります。
トランプ政権は気候変動対策に超後ろ向きだったのでようやく足並みが揃ってきたなって感じします。
なんかこう考えるとやっぱり米国の影響ってでかいよなって改めて思いますね。

 

▼46%削減という新たな「野心」 遂げられるか 経済界の本音は

mainichi.jp

ということで渡米した際に「日本も高い目標を掲げよし」とバイデンに言われて最後は菅さんの一存で決まったそうです。
決まっちゃったら決まっちゃったでここ目指していくしかないので各方面必死にやると思います。
経済界からは無謀だって話が出てますが、個人的には全然ありだよなと思ってます。
どっちみち気候変動で影響でちゃうんだから。
で、CO2の排出削減というところに乗っかって原発推進派の議員さん達の活動が活発になってきてるんですけど(ニュース載っけたっけ?原発推進議員連盟の会長に安倍さんが就任したってやつ。載っけてなかったらごめん。)、個人的には可能性低いよなとは思ってます。
東電があの体たらくで原発立地自治体が素直にYesと言うとは思えないんですよね。
明らかにフェーズが変わったと私は見ています。

 

▼水素エンジン、レース参戦 トヨタ、既存技術生かし「CO2ゼロ」

digital.asahi.com

気候変動関連のニュースということでこれも載っけておきます。
トヨタは従来から水素エンジンの開発にずっと注力してきたんですよね。
電気自動車もその電気を生成する際にCO2を排出する。水素の場合それすらもないってことで究極のエコカーとして進めてきてましたが欧米は電気自動車の実現可能性が高いだろうとしてそっちにシフト。
ただ、最終的には水素エンジンに行き着くのではないかって話も出てるので最終どうなるかはわかんないです。
水素は確か水素ステーションの設置とその運搬どうするのっていうのが大きな問題だった気がする。
トヨタが水素継続しますって聞いた時はほんとにEVに傾注しなくて大丈夫なの?とは思ったんですがEV後があるとすれば一気に市場を席巻できる可能性もあります。
こういうの考えるとワクワクしますよね。
ということでそのワクワクを一方的に共有しておきます。

 

▼郵政、豪物流事業を売却 特損674億円を計上 豪ファンドに7億円

digital.asahi.com

郵政民営化は大失敗だったなって改めて思います。
ほんとにゾッとする記事だったので置いときます。
6200億円で買収したものを最終的に7億で売却だそうで。
いやーこんなのゾッとしますよね。ほんとゾッとした。

 

▼【独自】商店会の男性「祭りで1万円頂きまずいと思った」…菅原前経産相に新たな現金提供疑惑

www.yomiuri.co.jp

菅原さんって厚生労働委員会の与党の筆頭理事(委員会のえらいさんみたいなイメージ。色々調整したりする人)なんですけど、以前から公選法違反の話は出てたんですね。
でも議員辞職もされず今回の国会から筆頭理事として活躍されてたんですよ。
公選法違反の疑い濃厚な人をそんな要職に就けるなんて…って思ってたら次は現金を直に配ってたって話が出てきて、筆頭理事はお辞めになったんですけどたぶん政治家もお辞めにならないといけなくなると思います。
自分自身でやってたこと分かってると思うんですけど、ほんと厚顔無恥だなと。
もちろん裁判で有罪が言い渡されるまではってところはあるんですが菅原さんの場合証言等も複数出ててほぼ間違いないだろうの状況だったんですよね。
ほんとどうよって思います。
明日の広島再選挙はこの影響受けちゃうと思います。
「また」有権者買収ですからね。

 

▼2023年度の物価上昇率、見通し1%前後に 10年かけても2%ならず

mainichi.jp

アベノミクスとはなんだったのか。
というニュース。
ほぼヨコでは緩やかなインフレ、いわゆるリフレは妄想だよね。厳しいよね。物価上昇2%は無理ですよね。
って言い続けてきたのでみなさまにとっては耳タコかもしれませんが10年経って達成できませんでしたということでそろそろ政策見直してもいいと思うんですけど、日銀総裁が黒田さんであり続ける限り続けるんだろうなという気がします。

 

▼今までの大丈夫は通用しない 専門家が語る変異株の脅威

digital.asahi.com

さてさてようやくCOVID-19関連のニュースです。
感染力が強くなってるというのが共通した見立てになってますね。
今まで以上に気をつけないといけない。という話だそうです。

 

▼緊急事態宣言 都が休業など要請する施設(詳細)

www3.nhk.or.jp

本日最後です。
都の緊急事態宣言発出に伴う休業要請施設等が書かれたニュースを置いときます。
午後8時以降は街灯以外の明かりを消すなんて話も出てきて「灯火管制だ」って話も出てきましたがまぁけどほんとこの1年何してたんだろうって気はします。
政府の認識等含めて詳細は音声にてお伝えします。