ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年4月8日

こんにちはの時間になりました。
サクッと流しておきます。

▼核合意、米・イランが協議 開発制限や制裁、焦点 関係国仲介、3年ぶり

digital.asahi.com

中国がイランに近づきつつあるよって話を以前しましたが、アメリカはアメリカで手を打ってます。
イランの現政権は穏健に行きたい。けど強い制裁が残るようだと国内の強硬派が勢力を伸ばす。
アメリカとしても強硬派は延びてほしくない。けど安易な妥協もできない。
というところでめちゃくちゃ大変ですよね。

 

《以前話した…の記事》

▼中東の「空白」、踏み込む中国 イランと25年間、包括的戦略協定 米との覇権争い、強気隠さず

digital.asahi.com

トランプが作った中東の空白地帯に中国がカットインしたという内容。
中東情勢はほんとによくわからないのですがイランが力を持っているということは承知していて、そこと中国との連携が密になったよってことですね。
ただイラン側も中国を全面的に信頼しているわけではないとのことなので一定の距離は保ちつつという感じになるのだと思います。
アジアインフラ投資銀行の時も中国主導で行いましたし世界的にも影響力は強まってきそうですね。

 

▼ロシア、SNS封じへ圧力 ツイッターに罰金 下院選へ、反政権派の活動を警戒

digital.asahi.com

ロシアがめちゃくちゃだめな国になりつつある。
先日もプーチンが一生刑事責任に問われないって法律通してましたしどんどんダメになってるなーって感じがあります。
プーチンが刑事責任問われないって記事はこれ。
プーチン氏「83歳・2036年まで大統領」可能、刑事責任に一生問われず…法整備完了

www.yomiuri.co.jp

 

▼中国の人権状況「深刻な懸念」/「一部の国」にあおられぬよう 日中外相協議

digital.asahi.com

早速中国から注文をつけられました。
中国としては当然の一手。
日本は過度にアメリカに共感を示すと中国からの反発を受けて東京五輪の不参加を招いてしまうかもしれませんし、かと言って中国に対して遠慮してるとアメリカから「なんなん?」って言われるやろうしでホント大変な状況だなと思います。
ありえる手としてはコロナを理由に今年もオリンピック延期(もしくは中止)にしてしまい多少アメリカ寄りの発言をする。
くらいでしょうか。
これ国家的にはかなり重要案件なんですが個人的には「どうするんやろ。ワクワク」くらいで見てます。
こういう時に日本の頭脳たちはどういう答えを出すんだろうってとても楽しみにしてます。

 

▼アマゾンのベゾスCEO、米法人税引き上げに支持表明

jp.reuters.com

昨日のこの記事、早速反応がありました。
AmazonのCEOが賛成と。
Amazonさん、アメリカ国内でめっちゃちょっとしか税金納めてなかったのを批判されてたのでパフォーマンス的な側面もあるかもしれませんが、GAFAの一角が支持表明したのは大きいんじゃないかなと思います。
ちなみにアメリカ国内富裕層には「富裕層に税金かけよう」って主張するグループが存在します。
あまりに格差が拡大すると国内が大変なことになるって知ってるからですね。

 

《昨日の…の記事》

▼米財務長官、多国籍企業への法人税引き下げ防止呼びかけ

digital.asahi.com

アメリカ関連でこれも。
この流れは必定だと思います。
大企業の法人税値下げ圧力(法人税さげないと海外に出ていっちゃうぞ、みたいなやつ)ってDV野郎感めっちゃありますよね。
「おまえのためを思って言ってんだぞ」
「そんなことするんだったら別におまえじゃなくていいんだぞ」
みたいな。
うっせーよって思うんですけど社会インフラとか人材とか諸々の環境を考えると多国籍企業であっても別の国に移転するのって割と難しくて(それは移民が他国に移るのが割と難しいのに似ている)実はそうそう簡単には移転できないんですよね。
あとこうやって世界的に横並びで対策うつっていうのはめっちゃ有効。
この件に関しては話したいことが山程ありますがこの辺で止めときますし音声で補足すると思います。

 

東芝にイギリスの投資ファンドが買収提案

www3.nhk.or.jp

これ昨日のニュースで、今日付のニュースではかなり詳細が上がってきてました。
それも読んだのでそのあたりも含めて話をすると、「まだどうなるかわかんない」って感じです。
細かい話は明日にでもしようかなと思うんですが、東芝さん、国策としての原発にまるっと乗っかってきてたので3.11以降は大ダメージでしたし、海外の原発関連事業に手を出してそれが不良債権化したのが運の尽きみたいなところがありました。
今回の案件はただただ利益をつまみ食いするような会社じゃなく割と東芝のことを真摯に考えてくれる会社なんじゃないかとはいわれてますが国の審査も必要になってくるので全然不透明です。
要注目。

 

▼口を開けるコロナ第4波 44都道府県前週超え、まん延防止疑問視

mainichi.jp

また増えてきましたね。
年度末ということで人が動かざるを得ない時期だったってことが影響しているのとやっぱり年始からの緊急事態宣言でしっかり抑え込めなかったのが大きいなと思ってます。
関西は感染力の強いイギリス型変異株が主流になってるとのことですしほんと予断を許さない状況。

 

▼コロナ下の選挙「制度改正を」 7都道県選管、総務省に要請

mainichi.jp

これまでも病院内で不在者投票できる制度なんかはあったみたいなんですが、これだけ感染力が強いウイルスに罹患している中でどうするのかはほんと課題ですし選挙があるってことが分かってたにも関わらず制度を整備しないまま今に至ってるのは国、国会としての怠慢です。

 

▼議事録、発言通りに作らず

this.kiji.is

ほんと「記録」を軽視する国だなーと愕然とします。
国民には記録の保管要請するくせに。
って毎回思うんですけどね。
この有識者の方も議事録作成されるって分かった上での発言なんだから訂正に応じる必要は全く無いはずです。
というかそれで訂正しちゃうと事後の検証ができなくなってしまう。

 

▼女性議員の6割、嫌がらせ経験

this.kiji.is

本日最後です。
女性議員6割は突出して多いんですけど、男性議員も3割あるってことはもうこれ構造的な問題だと言えると思うんですよね。
議員のなり手が…って言われる中でこの事態を看過してたらほんとダメです。
内閣府が実態調査に動くとのことですので期待したい。