ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年3月23日

《音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

おはようございます。
2日更新してなかったのでちょっと記事溜まってます。
時間的にちょい早いですが流していきます。
お付き合いください。
ヘッドラインの後にコメントあった方が見やすいかなと思い至り今回からそういう流れにしてます。

 

▼千葉知事選「歴史的大敗」の自民 コロナ対策に不満な国民の声?

mainichi.jp

日曜日に千葉県知事選、千葉市長選がありました。
この辺微妙なんだけど、構図としては国政の与野党対立の構図。
結果は野党が支持した元千葉市長の熊谷さんが圧勝(ゼロ打ちだったはず)。
自民党が擁立した関さん(悪い候補じゃなかったと思う)に100万票以上差をつけました。
元から熊谷さん圧勝だろうとは言われてたんですがそのとおりになった感じ。
選挙に関してはほんと知識ないので詳しく言及できないの申し訳ないですが4月下旬にある補選にも影響与えそうとのこと。
またこれまで千葉は与党系の知事さんだったので野党系に変わるということでここもパワーバランスの変化あるかもねとの話です。

 

▼ヘイト犯罪「沈黙は共犯」 米銃撃、バイデン氏呼びかけ

digital.asahi.com

海外ニュース載っけるの忘れてた。
アメリカで立て続けに起こっているヘイトクライム(hate crime…人種、民族、宗教、性別など特定の属性を対象にした犯罪)に対しバイデン米国大統領がキッパリと反対を表明。
これに関してはナイキ等の社会的にインパクトのある会社も同様の表明をしています。

 

▼感染「すでにリバウンド」の指摘も 専門家、宣言解除に賛否割れ

mainichi.jp

全国的に解除された緊急事態宣言ですが専門家からは既に「リバウンドが始まっているのでは」との指摘が起こっています。
解除前に微増傾向だったのでその可能性は高いと思います。
しかもこれから暖かくなり人々の移動が増えれば感染拡大は必至。

『緊急事態宣言』って聞いても「はいはい」としか思わない人、多いと思うんですよね。
政府は「専門家からの了承も得た」と説明してますが解除ありきの議論でしたしせっかくの『緊急事態宣言』を有名無実化させた影響は後々響いてくるだろうと思います。
まだまだできることはいっぱいあると思うのだけれど。

 

▼時短営業命令巡り飲食チェーンが都を提訴 「表現の自由を侵害」

mainichi.jp

緊急事態宣言下での時短営業について外食チェーンが都を提訴しました。
補償が不十分だとこういう流れになるよねとはなんとなく思ってました。
会社側からしたら生きるか死ぬかの問題だし。
あとはやっぱり宣言する基準、解除する基準が明確でないことが影響してると思います。
科学的根拠に基づいてなくてその場その場の政治的判断になってしまってるのが良くないですよね。

 

▼「早すぎ」51%、「適切」32% 緊急事態宣言の全面解除 朝日新聞社世論調査

digital.asahi.com

で、世論調査になるんですが「早すぎた」という評価が多いよう。
ただ「遅すぎる」と「適切だ」を足すと43%になるので半々だとも言えます。
内閣支持率は回復傾向ですが新規感染者数と連動してる感じがあるのでこの後リバウンドすればまた落ちるんじゃないかなと思ってます。

 

菅首相、総選挙へ結束呼びかけ 「先頭に立って戦い抜く」 2年ぶり自民党大会

digital.asahi.com

そんな中2年ぶり(去年はコロナでできなかった)に自民党の党大会がありました。
選挙戦の先頭に立ってやっていくと宣言しましたが先行きは不透明。
いつ解散を打てるかがポイントになるんだろうと思います。
日程的にはかなり難しいよなーと思います。
国民的に一番納得行くのは任期満了による総選挙なんですがそうすると「解散できなかった」というネガティブな印象になるんですよね。
この辺ちょっと音声で補足したいと思います。

 

▼日銀、緩和長期戦に備え政策修正 「副作用」懸念、手詰まり感も

mainichi.jp

日銀の金融政策決定会合がありました。
今回はこれまでの政策のチェックをした上で今後どうしていくかを再検討するというような話だったと思います(うろ覚え)。
結果としてはこのまま金融緩和を継続、マイナス金利の幅をさらに広げられるようにしつつ収益が悪化している銀行への配慮もありましたが、アメリカと同様この間金融緩和によって実体経済は上向いてないんですよね。
本当にこのままでいいのかという根本的な部分の見直しは必要になってくるだろうと思います。

 

▼維新の党是、衆院選…「府市一元化」へ、透ける大阪の腹の内

mainichi.jp

地方の話になりますが維新の手詰まり感は割に大きそうだなということと衆院選インパクトは大きいんだなということを感じさせられるニュース。
今回の条例案公明党も前のめりかと思いつつ前回の住民投票の結果を経てかなり慎重になってるんだなという印象です。
有料記事ですが内容としてかなりおもしろかったのでぜひ。

 

▼文書改ざん 自殺職員の“ファイル” 提出を国に促す 大阪地裁

www3.nhk.or.jp

財務省の公文書改ざんの経緯が克明に記されていると言われる通称「赤木ファイル」を、提出するように促したという割と大きいニュース。
国側はファイルの存否も含めて5月までに報告すると言ってましたが裁判所側が「それじゃ遅すぎる」と言ってる状況です。

 

▼「祖母悲しませるから」口つぐんだ父の性虐待 30年後に法廷へ

mainichi.jp

性犯罪の時効撤廃の必要性を感じさせられるニュース。
前も書きましたが性犯罪の大半は身内による犯行なんですよね。
だからなかなか声をあげにくい。
自分の中に押し殺しておいて、ようやく言えるとなった状況では時効になってしまっています。
国会内でも確か法改正に向けて動いてたと思いますが撤廃されるべきだなと個人的に思っています。

 

▼日本の満員電車にさよなら? オフピークで変わるか常識

digital.asahi.com

有料記事ですが可能性の1つとしておもしろいなと思ったので共有。
確かに飛行機や宿泊施設は時期や時間帯によって料金変わるもんねと思いつつ一方で超一般的な公共インフラになってるので値上げとなったときに「選択できない人」が抱く不公平感はかなりあるだろうなとは思いました。
例えば定期に適用するとか会社にとって交通費を減らせる(もしくは増える)というインセンティブになるのであればもしかしたら機能するのかもと思いつつ。
おもしろかったのでぜひぜひ。

 

▼「入籍する」→「婚姻届を出す」

mainichi-kotoba.jp

本日最後です。
この前の札幌地裁の判決文にも、

”婚姻の届出があったときは,夫婦について新戸籍を編製し(戸籍法 16条 1項)〜”

とあったので気になってたんですけどやっぱり違うんだなということがわかってスッキリしました。
なので「結婚します」を戸籍を用いて表す時の言い方としては、

「私この度、○○さんと新戸籍を編成することになりました」

が正しいと思います。
なかなか広まらへんとは思うけど。