ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年3月8日

《音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓

 

おはようございます。
ここ数日分のニュース流していきます。
今日と明日もちょっと多いかも。
一応旬を過ぎたものは載っけないことにしてますが興味が散らかってるのと新聞社さんがどんどん新しい情報提供してくれるのでどんどん読み進めていってしまうんですよね。
一つの問題について色んな角度から見る人がいる、それを書いてくれる人がいるっていうのは大事なことだなーと思います。
どうしても「で、結論は?」ってなりがちですが結論は自分で得るものでしょうし結論を得るためにはその物事について自分で考える必要があり自分で考えるには考え得るだけの材料が必要だということは聡明なるほぼヨコ読者諸氏におかれては自明のこととは存じておりますがその一助となれれば幸い至極という言い訳の元ニュースを読みふけっているわけですのでどうぞお付き合いください。
自分がニュース読む言い訳書いてたら長くなってしまった。
さて始めていきます。

 

愛国者のみしか政治に参加してはいけない」って言った時の愛国者とはなんであるのかってところは曖昧なんですよね。
愛国者って言葉、個人的には違和感しかない言葉です。
国じゃなく人の場合、愛し方は多様なわけです。
例えば私はここに参加してくれてる人々を愛してますけどその愛し方はたくさんの情報を「ほれっ。これも。」ってお届けする方法なわけじゃないですか。
そういう愛し方もあればただ優しく見守るって方法もありますし千差万別ですよね。
愛してるからこそ苦言を言うこともありますよね。
愛国心」という言葉が使われる時は総じて時の権力の耳に心地よいことを言っている人々ってことになります。
第二次大戦時、愛国者とは戦争を推し進める人たちだったわけです。
が、戦争反対を唱える人たちだって同様に国を愛していた。
それを考えるとこの主張がいかに荒唐無稽かはおわかりいただけるんじゃないかなと思います。

▼香港「民主」も喪失へ 「愛国者」のみ政治参加、全人代に案提示

digital.asahi.com

 

朝日の有料記事でしたがYahoo!に途中まで読めるものがあったのでこっち載せときます。
辺野古沖埋め立ての工事費が増えてるよって話。
仮に「計画変更」だった場合その変更しだいでは再度の環境評価が必要になります。
結論ありきで手続きを軽視してるなという感じが否めません。

辺野古埋め立て工費、当初の1.6倍に 入札経ずに増額

news.yahoo.co.jp

 

GAFAで全世界が一様になるの、それはそれで楽なんだろうけど面白味にはかけるよなって思ってたのでこの動きはちょっと注目してみてますよ。
ということを言いたいがための紹介。
どちらも日本で多く使われてるサービスなので、そっと見守っていこうと思います。
ただ、前流したニュースにも書いてましたが独禁法に抵触するかも?な案件だそうでその辺の動向は気になるところ。

▼ヤフーとLINE統合の先に何が GAFA隙はローカルにあり?

mainichi.jp

 

本日より無事(?)延長期間に入ったわけですが先の見えない感じほんとに辛いと思います。
高校で部活やってた時終わりがわからないシャトルランをさせられてる時が一番きつかったんですけどいつ終わりかわからないってのはほんと辛いですよね。
今回2週間って言ってるけど、前は1ヶ月延長したし今回も再々延長えりえるんじゃないの?って考えてしまうのは自然なこと。
だからこそ数値面での科学的根拠に基づいた明確な目標とトップの強い発信、乗り越えられるだけの支援が必要なわけですがどれをとっても不十分だなと感じています。

▼「延長するなら支援を」 飲食・観光、打撃続く 緊急事態

digital.asahi.com

 

で、政府方針としてもPCRでの大規模検査に切り替えた模様。
これ1年前に既にそうした方がいいんじゃないの?と言われてたことだったんですが
偽陽性(一定割合で間違った陽性反応が出る)のために病床逼迫するんじゃないか」
ってことで日本はクラスター追跡に全振りしてたんですよね。
抑え込みに成功してる海外事例見ると検査で大きく網をかけて陽性者を隔離しそこから広げないようにするということを徹底しているように見えます。
たぶんそれが現状取り得る最善の策なんじゃないかなと思っています。

PCR、不特定多数に網 無症状者に積極検査

www.nikkei.com

 

ジェンダー関連。
選択的夫婦別姓に関する議論で硬直化した話しか出てこない自民党ですが内部には割と賛成の方もいるんですよという紹介。
井出さんは元々民主系の人だったんですが選挙区内の事情等もあり自民党に移った人で思想的には割とリベラルっていうのもあるんですが党内でも賛成の人はそこそこいますよ。
今回の記事は井出さんの考えを示す記事ですが自民党の雰囲気の一端が見える記事なんじゃないかと思います。

▼自民・井出庸生氏、選択的夫婦別姓「党内議論、熱冷まさずに」

mainichi.jp

 

有料記事ですが2代続いて女性が首長を務める尼崎市の市長さんの話。
かなりご苦労もあったんだなという思いと、とはいえひとたびそうなってしまえば周りも含めて適合していくもんだなという気もします。
標数値を決めることに反対する人もいますが、単純に人を増やすというのは効果あることだよなと感じてます。

▼尼崎・稲村市長 「50対50の家事」より大事なこと

mainichi.jp

 

こっちは議会の話。女性位議員の割合が全国的に見てもかなり高い兵庫県小野市の話。
これたぶん全部読めると思うので中身は読んでもらうこととして、やっぱりここ数ヶ月でめっちゃジェンダー関連の記事増えたなって気がします。
これまで蠢いてたものがようやくどーんとなった(語彙力)って感じがしてて社会的な変化を感じてます。

▼女性議員ゼロから43・8% 街を変えた「熱気」の背景

digital.asahi.com

 

国会関連。
これビックリしたんですけど、
外資による株の保有割合が20%未満になるように」
という放送法での規定に東北新社が違反しており、さらにその違反を総務省が知りながら認可し続けてたという話です。
ちょっとにわかには信じられない。

東北新社の違反疑惑「決裁は山田氏」の答弁にどよめく

digital.asahi.com

 

当然ながら「認可は取り消されてしかるべきだ」という声が出てます。
というか、(繰り返しになりますが)当然です。
ちょっとあり得ない。

東北新社疑惑、総務省確認せず 識者「認可取り消しを」

digital.asahi.com

 

本日最後。これめちゃくちゃ良い記事だったから読んで欲しいしなんなら野田さんの質疑も聞いて欲しい。
「危機管理」への意識がめっちゃ低いんですよね。
ほんと残念なくらい低い。
そして「自分たちの判断」にはめちゃくちゃ甘いんですよね。
ほんと残念なくらい甘い。
民主党が政権を担ってた時、自民党は野党だったわけですがちょっと引くくらいにはバシバシ追求してました。
野党自民党が今の政権を見たらたぶん許せないことのオンパレードだと思います。
とりあえずこの記事良かったのでぜひ。

領海侵入の日に不在「驚きを禁じ得ない」首相経験者が嘆くルール無視

withnews.jp