ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

2021年2月26日

《音声はコチラ》

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

おはようございます。
本日も(個人的)選りすぐりのニュースたちをお届けしていきます。
昨日の都内低空飛行にも通ずる話ですが、沖縄のことなのに沖縄で決定できないっていうのは主権国家としてはあり得ない話です。
国家の三要素は領土、人民、主権でありその主権が蔑ろにされているという状況への危機感が希薄な気がします。
あと、そもそも論として地盤と呼べるかどうか怪しいゆるっゆるの地盤が見つかっててここの工事がほんとに可能なのかどうかも再度検証されるべき問題ですしあとここに関しては最大の問題があるんですけどそれは音声でお伝えします。

▼県民投票2年「なぜ顧みられぬのか」 沖縄・辺野古南側の土砂投入、4月にも完了

digital.asahi.com

 

丸川先生、ご自身はご結婚されて現在は大塚姓なんですがアナウンサーをやってた頃の旧姓(丸川姓)を使い続けておられるんですよね。
何度も言ってますが『選択的』夫婦別姓であり夫婦別姓を強制するものじゃないんですよね。
大変失礼な話かもしれませんが、丸川さんの場合は支持者層へのアピール以外特段の理由はないんだろうと思っています。

夫婦別姓「賛同しないで」
自民有志、丸川担当相も連名

this.kiji.is

 

4月25日投開票の補欠選の候補者選びですが広島と北海道で難航してる模様。
長野は亡くなられた羽田雄一郎さんのご兄弟の出馬が決定(この辺は地域柄の特殊事情もあるらしい)。
北海道は野党側は出せば勝てる情勢なので各政党間での調整が続いてるとのこと。
広島も一回候補が上がりましたがまだどうなるかはわかりません。

▼衆参トリプル選まで2カ月 衆院選前哨戦、政権逆風

mainichi.jp

 

この記事、総じて一律10万円給付はコスパ悪かったよって話なんだけど(そうじゃないかも。有料記事だけど読んで)、生活困窮者への10万円給付は野党側からも出てるし自民党の有志からも出ているそうです。
それはあっていいんじゃないかなと思います。
ほんとちょこちょこ悲惨なニュースが飛び込んできて辛い。

▼10万円の再給付はあり得るか 政府の本音とエコノミストの見解

mainichi.jp

 

その悲惨なニュースの一例。COVID-19蔓延による社会的な影響とは別の話なんですがやっぱりこういう記事読むと辛い。
最後は餓死だったかと思うともういたたまれなくなります。
ちょこちょこあるんですよね。こういう話。

▼所持金13円、餓死した親子 水も停止「2人孤独死

digital.asahi.com

 

さて国会です。
総務省の接待問題が議論の中心になってます(その他の委員会では他の議論もされてます)。
金額の多寡ばかりに目が行きがちですが問題はそこではなくて、利害関係者から接待を受けたということが問題なんですね。
で、昨日の共産党藤野議員の質疑から接待を受けたことにより東北新社側からの要望が反映されてたことが分かり行政が歪められてた可能性が高まってきています。
ね、ダメなんですよ。

菅首相、山田広報官に続投指示 長男の接待関与を陳謝

www.jiji.com

 

菅さんは内閣広報官の山田さんを続投させたい意向ですが野党が辞任を要求。
公明党からも辞任やむなしの声があがってるようです。
リスクマネジメントを考えるとすっぱり切るのが良いんでしょうが決められない。
緊急事態宣言の発令も後手に回りましたしここでも後手を踏んだと言われる可能性は高いなと思います。

▼野党、山田氏辞任を要求 続投に賛否交錯する与党

www.jiji.com

 

そんな中、農水省は似たような案件で官僚を処分。
同じ官僚なのに山田さんとの処遇の違いはなんなの?って言われても仕方ないと思います。
鶏卵の件についても助成金が今回の予算に含まれてるため徹底解明しない限り(もしくはその部分だけ切り離さない限り)予算承認は難しいと思います。

▼農水次官ら6人処分 アキタフーズ元会長らと会食同席 養鶏汚職

mainichi.jp

 

緊急事態宣言が解除になりそうです。
首都圏以外は今月末、首都圏は予定通り3月7日だそう。

▼緊急事態宣言 関西・中部5府県の月内解除を26日決定へ

mainichi.jp

 

本日最後です。
そのこと(緊急事態宣言解除)についての記者会見が行われる予定でしたが、記者会見をいつも取り仕切ってた山田内閣広報官の接待問題(というより汚職事件になりつつある)があったため急遽中止になりました。
山田さんのために国民の知る権利が阻害されてるの、ほんと影響大きいのでなんとかして欲しいと思います。

菅首相、急きょ会見見送りへ 山田広報官の問題も影響か

digital.asahi.com