ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

《コラム的に》『政治について教えて』で話したこと①

どうもこんにちは。横山です。

 

 

事の発端は、大学時代の後輩が今回の参院選にあたって、

「政治について話してください」

というオファーをくれたこと。

美味しいナンとカレーを食べながらお話してきました。

 

 

 

 

『そもそも政治に興味がないんですよね』

今回一番のなるほど案件は、

 

「専門の人達が一生懸命議論してるんだから、

私達はそこに異論を挟む余地ないでしょ?」

 

という風に考えているのかもしれないということ。

ここまでざっくりした感じじゃなかったですけど。

だから、

 

「”決まったこと”はそれが最善だという答えなんだから

その中でどうするかを考えるのが良い。」

 

っていうことなんじゃないかなと思うんですね。

 

その話を聞いたときに、

『そもそも政治に興味が無いんですよね』

と言ってた意味がわかった気がしました。

 

政治が行う”決定の過程”には興味がわかないだろうなと思いますし、

政治ってつまるところまどろっこしい話し合いなので

興味を持ちやすくはないんですよね。

スポーツみたいなパッと見てわかる

「華やかなプレー」

みたいなのがないですし。おすし。

 

政治って大事だし投票には行くけれど

そんなめっちゃ熱量持つ要素なくない?

 

って言われたら確かに言葉に窮してしまいます。

うーん。

 

 

私的に、そもそも政治に興味を持てないのは、

「自分1人が言ったところで何も変わらないでしょ?」

という諦め的な感情だと思ってたんです。

 

けどそうじゃなくて

「(専門職の人たち=議員さんを)信頼しているから」

という、ある意味ポジティブな感情なんだということだと分かりました。 

これはちょっと自分にはない思考でした。

 

私が政治に興味を持つ理由

自分の場合、なんで政治を見るかと言うと、

「私にとって不都合なこと」

が政治の場でなされる恐れがあるからです。

 

例えば…

 

年金の問題は私にとっては先の話ですが、

両親世代を直撃する話です。

両親の年金が減らされ生活に余裕がなくなってきたら

少なからずとも私にも影響がやってきます。

 

消費税の増税に関しては、

納付額が増えるという直接的な問題と

消費がさらに落ち込むことによって回り回って受ける影響と

ダブルの影響があるからなんですね。

 

現政権はそれを「良し」としてるわけですが

私としては「それは困る!」といわないと、

勝手に物事が進んでいっちゃうんです。

 

学校の文化祭や体育祭で嫌なめんどくさい役割を押し付けられる感じ。

与党の方はそれで良いのかもしれないしその理屈があるのは分かるけど、

「そんなんされたらしんどいんやからやめてよ」

 と言う権利は私にもわるわけです。

というか言わないとただただしんどいだけになっちゃう。

 

自分のまわりの大切な人、将来世代が生きる社会は、

少しでも良いものにしたいじゃないですか。

それは自分にとっても生きやすい社会なわけですし。

だから”政治”に強い興味を持つんだと思います。

 

ここまでが導入。

 

政治とは

そもそも『政治とは?』っていうくくりがかなり大きかったので

・国会の中ではどうやって議論されているか。

・そこでお話をする議員はどうやって選ばれるのか(選挙)。

・議員はどのようなことを考えているのか。

ということをお話しました。

それぞれ駆け足で書いていきます。

 

国会の中ではどうやって議論されているか

みなさんがイメージする国会ってこれだと思います。

f:id:hoboyoko:20190715125110j:plain

 

これは本会議場と呼ばれ、最終的な決定をする場です。

本会議場で決定される前に委員会という場所で話あわれます。

委員会は各専門分野(担当する省庁別)で分かれています。

以下が委員会の一部です。

f:id:hoboyoko:20190715125847p:plain

テレビで見る委員会はこんな感じの場所だと思います。

華やか。

f:id:hoboyoko:20190715125131j:plain

 

 

大体の委員会室はこんな感じです。

ちょっと良い会社の会議室ってこんな感じなんですか?

よくわからないんですけど。

f:id:hoboyoko:20190715125150j:plain

 

ここで各委員会に割り振られた法案が話し合われ最終的に議決が取られます。

各委員会の委員は、政党の所属議員数の割合に応じて割り当てられます。

 

例えば、定数40人の委員会で全議員の30%が所属する政党の場合、

その委員会には12人の枠が割り当てられるみたいな感じです(たぶん)。

なので、当然与党の議員さんのが多くなります。

 

で、与党は法案提出の前に各部会(党の中での話し合いの場)で話し合って

これで提出してよし

として国会に出しているため、

基本的に委員会での質疑は野党が行うことになります

 

そこで問題点が指摘されたり、

それを修正したり、

やっぱりこれはなしだよねって話になったりして、

・そのまま採決するか

・話し合いを続けるか

・廃案にしてしまうか

 

を決めます。

そうやって進んでいきます。

これが国会。

 

残り2つも書こうかと思ったんですけどいったんここまで。

続きはまた後日。