ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

【上下院でねじれ:トランプ政権の今後】

まだ選挙の途中ですが

1.上院は共和党過半数

2.下院は民主党過半数

が(ほぼ)確実となりました。

少し気が早いですが、大まかな結果が出たのでこの後のトランプ政権がどうなるかについて書いてみようかと思います。

 

トランプ政権への”審判”

上院は共和党過半数と述べましたが、上院は合計100議席の1/3ずつ改選され、今回は35議席の改選でした。

改選される35議席の内訳は、

共和党ー9議席

民主党ー26議席

 

でした。

現在(16:11)残り6議席の状態で、

共和党ー9議席

民主党ー20議席

 

 

となっており残りすべてを共和党が取ったとしても総当選者数で民主党を下回ることとなります。

 

定数435議席の下院でも改選前の内訳が

共和党ー235議席

民主党ー193議席

 

でしたが(残り7議席は欠員)、

民主党がギリギリ過半数218議席を取ったと仮定しても

共和党ー217議席(-18議席

民主党218議席(+25議席

 

 

となります。

 

以上の結果から純減した共和党、ひいてはトランプ政権はアメリカ国民に支持されませんでした。終わり。

ということにはたぶんならないと思います。

中間選挙前の調査では民主の下院奪取は確実だと言われていましたが、

直前になって「共和党過半数もあり得る」となりましたし、トランプに思想が近い人達も当選しており判断はかなり難しいところ。

朝日のこの記事が私の意見とも重なります。

 

▼トランプ氏は負けて、勝った 高投票率があぶり出す分断(’18/11/7)

www.asahi.com

 

今後の政権運営

下院を民主党が取ったということで「政権に打撃」みたいな見出しがありますが果たしてどうなのか。

 

アメリカの上院と下院はそれぞれ微妙に性格が違います。

下院は上院に先んじて予算等の審議を行うことができる一方、

上院は大統領による政府高官人事への同意を行うことができます。

前回ちょっと騒ぎになったカバノー氏も上院の過半数の同意を経て最高裁判事に就任しました。

米国の最高裁判事は終身性なのでいつ辞めるかはわかりませんが、

仮に引退する方が出てくることになればトランプ氏の意に沿った保守系の判事が就くことになり米国最高裁の保守化が進みます。

中絶や同性婚に反対する保守派の人にとってはこれだけでも十分な”成果”かもしれません。

 

ただ問題が山積しているトランプ政権の運営が難しくなることは疑いようがありません。

これまで下院多数派の共和党に抑え込まれてたロシアゲート事件や、脱税疑惑についての調査が強化・進展することになりますし疑義があるものについては詳細な説明が求められるようになります。

これまで両院多数派を背景にゴリゴリ進めていた政策も遅滞することになります。

 

日本への影響

トランプの最大の目標は2020年の大統領選で再選です。

国内政治がダメだとなると外交問題に活路を見出す以外なくなるでしょう。

イランへの制裁強化もその一端。

 

▼米、イランに原油制裁再開 「史上最強」と(’18/11/5)

www.bbc.com

 

詳細は別の機会に譲りますが、

オバマ前大統領が提唱した『非核化』をトランプが北朝鮮とイランで成し遂げたとなればこれ以上の皮肉はないでしょう。

 

また、アメリカの貿易赤字を削減するために中国に対しさらなる貿易戦争を挑んでいくことになると思いますし、日本にもより強い圧力がかかることになります。

これまで以上にアメリカ有意の条件を突きつけられ、

日本政府は自国の利益の確保とアメリカとの同盟関係の間で難しい決断を迫られることになりそうです。

「車の関税を高くしない代わりに農産物の受け入れ枠を広げろ!」

は既に言われていることでたぶん牛肉がどどっと入ってくるんでしょうけど、

医療保険の市場を開放しろ!」

なんかもあり得る話だなーと思います。

この辺は要注目。

 

今回選挙で興味深かった点

最後にまた選挙の話に戻るんですけど、

選挙結果を追ってる中ですごく面白い情報がありました。

 

出口調査の結果、無党派層の43%が最も重要な政策課題に『医療制度』を挙げたそうです。

Tweetで申し訳ないですけど、NBCニュースの切り抜きです。

 

▼”exit polls show that health care was the most important issue for independent voters by a 2-1 margin. ”

https://twitter.com/MeetThePress/status/1059942406777376768

 

アメリカの医療保険制度については、

2017年3月28日、31日の記事でざっくりと書いていますのでそちらをご覧いただくとして、経済問題や移民の問題をはるかに凌駕してここに注目があつまるというところに、アメリカも徐々に変わってきたのかなと感じています。

 

以下のCNNの出口調査の結果、共和党民主党の支持層が年齢・性別・人種できっぱり分かれたのも興味深いなと思っています。

 

▼CNN EXIT POLLS

https://edition.cnn.com/election/2018/exit-polls

 

共和党支持層は高齢・男性・白人で、民主党支持層はそれ以外だとかなり明確に出ている気がします。

しっかり精査してないんでわかんないんですが、このデータだけでかなり遊べそうな気がします。

今回選挙の結果、下院で過去最多の女性議員が誕生したということで議会内のパワーバランスや政策の内容も微妙に変わってくるんだろうなと思います。

 

▼U.S. Elects Record Number of Women to House of Representatives(’18/11/7)

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-07/u-s-elects-record-number-of-women-to-house-of-representatives?utm_campaign=socialflow-organic&utm_content=business&utm_medium=social&utm_source=twitter&cmpid=socialflow-twitter-business

 

選挙結果がすべて出たら色んな情報や考察がバンバンとんでくると思うので重要そうなのは都度お知らせしていくことにします。

書き散らかした感が否めませんがとりあえずこの辺にしておきます。