ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

【トランプ米国大統領の訪日】

今月5日~7日までトランプ米国大統領が来日していました。

 

▼ゴルフ外交に拉致被害者と面会…初来日トランプ氏の予定(’17/11/4)

http://www.asahi.com/articles/ASKC45J9PKC4UHBI00L.html

 

昨年末に全3回(12/22~30)に渡ってプーチン・安倍会談について書きましたが

その時よろしく今回もトランプ・安倍会談について書いてみようと思います。

そういや年末のニュースから安倍総理プーチンに袖にされるだろうと予測した(どっかに書いたっけ?書いてなかったらごめんなさい)わけですがその通りになってるっぽくてちょっと寂しいです。いや、ほんとに。

 

トランプの来日とメディアの狂乱

メディア(というかテレビ)は連日トランプだったそうですね。

テレビ見てないんですけど情報入ってきたのでなんとなく知っています。

アメリカ大統領の来日がここまで大きな騒ぎになるのは過去にも例がないと思います。

オバマが広島を訪問し献花した時もここまでの熱狂ではなかったんじゃないでしょうか。

安倍氏Twitter

トランプ大統領による、初の、歴史的な日本訪問は、間違いなく、日米同盟の揺るぎない絆を世界に示すことができました(原文ママ)」

と”歴史的”という単語を使いその熱を強調しました。

 

日米首脳会談の内容

何が歴史的だったのかはちょっとよくわからないんですけど

重要なのは首脳会談で何が話し合われたか。ということです。

主な会談内容を以下記事から抜粋します(途中までしか読めないのでノートに貼り付けます)。

 

▼トランプ氏、米製武器「売り込み」突出 安倍首相は即応(’17/11/7)

https://goo.gl/xCBPkh

 

北朝鮮/安全保障問題→圧力の最大化を確認。トランプの「アメリカ製の武器を購入せよ」に即応。
経済問題→TPP推進の日本と二国間交渉の米国で溝。今回はあえて言及せず。

 

ということなので今回の首脳会談で決まったことってそこまで多くないんですよね。

強いて言えば兵器の購入くらいです。

一時期話題になった、地上から弾道ミサイルを撃ち落とせるイージスアショア(1基800億円)を2基買うとかそういう話です。

首脳会談が35分、その前のワーキングランチは1時間10分で

合計2時間弱にしては物足りないですが、

どちらかというと

『日米首脳の結束や親睦を深める』

という目的のほうが強かったような感じなので官邸としては及第点でしょう。

(そういや前回記事でトランプ大統領来日に言及し、

『特別なことがなければ「両国の関係強化」「北朝鮮への圧力で一致」というコメントが出て終わりだと思います。』

と書きましたがまんまでした)

 

個人的には疑問が残る今回の首脳会談

さて、ここでアメリカ国内の情勢を見てみましょう。

ロシアゲート疑惑の捜査が進展したこともありトランプ大統領の支持率は過去70年で最低の37%を叩き出しています。

また先日行われたNJ、バージニア州知事選ではいずれも民主党候補者が勝利しています。

 

▼過去70年で最低支持率37% トランプ大統領、米ワシントン・ポスト調査(’17/11/6)

http://www.sankei.com/world/news/171106/wor1711060046-n1.html

 

バージニア、NJ州知事選で民主党が勝利 CNN集計(’17/11/8)

https://www.cnn.co.jp/usa/35110061.html

 

これらのことから、アメリカ国内でトランプの影響力が落ち始めていると私は見ています。

7月の時点で既にワシントン・ポスト紙が『トランプは死に体だ』とした記事を載せています。

 

▼Mark this date: Donald Trump is now a lame-duck president(’17/7/28)

https://goo.gl/kLFfBS

 

この先ロシアゲート疑惑の捜査が進んでいけばトランプの国内での影響力がさらに下がる可能性は低くありません(というかかなり高いと思います)。

となれば、トランプの政策実行力が弱まってくるわけですが、そんなことお構いなしよと言わんばかりに彼との蜜月を演出し、さらには武器購入の確約というお墨付きまで与えてしまう外交姿勢に疑問を抱かずにはいられないわけです。

トランプの立場を考えると、日本側が引き出せるものは少なくなかったのではないかなーと。