ほぼ週刊よこやま

ある一人の友達のために始めたニュース解説記事。私の視点から見えるもの。

【フランス大統領選】

そうこうしてたらフランス大統領選の第1回投票を迎えてしまいました。

最近になってまた世界が慌ただしいけど

(日本もいろいろ慌ただしいけど)

追えることが限られているので

個人的にメインストリームだと思うものを載っけていければと思ってます。

お付き合いください。

 

候補者と第1回投票の結果

今回の大統領選には11人が立候補しましたが、

実質、ル・ペン、マクロン、メランション、フィヨン(届け出順)の4氏での争いでした。

フランス大統領選は決選投票制を採用しており

第1回投票で上位2候補を選出(単独で50%以上を得票した候補がいた場合そこで決着)。

その後の決選投票をもって大統領を選出します。

今回はその第1回投票が終わり、

極右政党『国民戦線』党首のマリーヌ・ル・ペン氏と

政治団体『前進!』の代表エマニュエル・マクロン氏の一騎打ちとなりました。

以下、双方の公約です。

 

《マリーヌ・ル・ペン》

EU離脱の是非を問う国民投票の実施と単一通貨ユーロ圏からの離脱

・自国通貨(フラン)の復活

・旅券なしで域内を自由移動できるシェンゲン協定からの離脱

自由貿易協定(FTA)拒絶

・中銀による財政ファイナンス

・外国人雇用企業への課税

イスラム原理主義活動の禁止

・過激モスク(イスラム教の礼拝所)閉鎖

・合法移民の抑制。

 

 

エマニュエル・マクロン

EU統合推進派でユーロ圏経済政府、ユーロ圏財務相の創設を主張

財政赤字を3%以内に抑える

・法定週35時間労働を維持するが、民間企業に交渉の余地を残して柔軟化する

法人税率を33%から25%に切り下げ

・低賃金労働者の社会保障費負担を免除

・年金や失業保険システムの統合を進める

・5年間で600億ユーロの歳出を削減し、能力向上・職業訓練、再生利用可能エネルギーの促進、農業改革などに500億ユーロの公共投資を行う

・現在10%の失業率を7%に下げる

・年金支給年齢を62歳に据え置く。

 

 

決選投票とその先

決選投票は5月7日に行われます。

今のところ得票率60%前後でマクロン氏が勝利するのではないかと言われていますが、

イギリスはEU離脱を決め、アメリカはトランプを選んだこともあり、

「まだまだどうなるかわからない」

という空気感がむんむんとしています。

仮に、万が一、極右EU離脱派のル・ペン氏が勝利した場合、

世界はまた大混乱となるのでしょうが

いずれにせよ、双方ともにフランス国会に基盤がないため、

議会の掌握に労力の大半を割くことになると思います。

 

これまで、フランスの政治は中道右派中道左派の主流派が担ってきましたが(だそうですが)

決選投票に進む候補者2氏はこの”枠”の外の人であり

マクロン中道左派社会党にも属していたし、現大統領の元で閣僚も務めたので完全に『外』とは言いにくいけれども…)

フランスにおける一つの転換点のような気がしています。

決選投票後に情報流します。